優良製造請負に18社を認定 改善推進協議会

2020.04.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 製造請負事業改善推進協議会(事務局・日本生産技能労務協会)は、厚生労働省の2019年度委託事業として実施した「製造請負優良適正事業者認定制度」の優良適正事業者18社を決定した。認定の有効期間は20年4月1日からの3年間。

 同制度は、適正な請負体制を推進し、雇用管理の改善を実現する管理体制と実施能力を持つ請負事業者を認定するもので、10年度に創設された。

 創設時から4回連続で認定された事業者は日総工産㈱など10社で、初認定の事業者はなかった。

 20年度に有効な認定を受けている企業は計52社となった。

関連キーワード:
令和2年4月20日第3253号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ