九州・沖縄ブロック 週休2日工事に証明書 国と8県3市が共同施策

2020.04.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

地域内の入札優遇

 国土交通省九州地方整備局と沖縄総合事務局、および九州地方の8県3政令指定都市の計13機関は、建設業の中長期的な担い手確保・育成に向け、週休2日やICT活用に取り組んだ土木工事に対し、共通の証明書を発行する施策を開始した。4週6休などを実現した場合、各機関が発注者としてその実績を証明することで、メンバー内の他機関の入札でも優遇されるようにする。受発注者双方の業務効率化を図るため、工事関係書類26種の様式を統一化する作業も進める。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年4月13日第3252号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ