【スポット】現場間の相互研さん図る 「活動発表会」開く ICTで危険低減した例も 熊栄協力会

2020.03.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 現場間の相互研さんへ――。熊谷組の協力会で構成する熊栄協力会(笹島義久会長)は2月13日、熊谷組本社大会議室で「熊栄協力会モデル現場活動発表会」を開いた。当日は、全国から安全はもちろん、品質確保や生産性向上に向けた活動が良好な8現場の事例紹介が行われた。法面整形でICT施工を取り入れ、危険有害要因の低減を図った事例や働き方改革の一環で週休2日制を導入した現場など参考になる取組みが発表されている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年4月1日第2351号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ