【スポット】災害減少へ決起大会 元請けの統括管理求める 建設業59社に緊急要請/東京労働局

2015.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(渡延忠局長)は10月27日、建設業の労働災害減少へ向け、関係者を集めた緊急決起大会を行った。建設業の死亡災害は10月末現在で25人。工事量増加の影響を受け、災害が思うように減らない事態を重く受け止めている。決起大会には、ゼネコン支店など59社から安全担当のトップ115人が参加し、渡延局長が緊急要請文を渡すとともに、元請企業による現場の統括管理を求めた。

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年12月15日第2248号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ