業況判断が13年以来の低水準に 技能協調べ

2020.03.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本生産技能労務協会(青木秀登会長)は、2020年1月度における製造請負・派遣事業動向調査結果を発表した。

 業況判断DIはプラス3となり、13年7月以来およそ7年ぶりに一桁台に悪化していることが分かった。

 調査対象は同協会会員87社、回答率77%。

関連キーワード:
令和2年3月16日第3249号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ