選択肢増えた外国人の雇用 東京都・セミナー

2020.02.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都労働相談情報センターは、多様な働き方セミナーを開催し、外国人雇用管理の実務と留意点を解説した(写真)。

 フランテック社会保険労務士事務所の毎熊典子特定社会保険労務士が講師を務めた。

 就労が認められる在留資格など、外国人の雇用に関わる法令を説明。留意点として、日本人には広がりつつある副業・兼業を外国人労働者が行った場合や留学生アルバイトの労働時間が1週28時間を超えた場合は、不法就労となる点を挙げた。

 現在は外国人の雇用拡大に向けた法整備が進み、選択肢が増えている。将来的にどの資格を使って働いてもらうかを検討し、外国人雇用に関わる法律やガイドラインの理解に漏れがないよう注意することが重要であるとした。

令和2年2月10日第3244号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ