トップの職場安全パトロール点検表作成を 観音寺労基署

2019.12.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 香川・観音寺労働基準監督署(村上誠署長)は、「SafeWork88」のキャッチフレーズを掲げる年末年始の無災害運動の開始に当たり、管内44社の建設業者の安全管理責任者などを集めて説明会を開催した。

 あいさつで村上署長は、実施要綱で昨年と異なる点について、「トップの職場安全パトロールで点検表を作成して頂くこと、働き方改革として時間外労働を縮減すること」などを挙げ、参加した全事業場が目標の88日間無災害を達成して表彰されることに期待感を示した=写真

 同労基署管内では、建設業の死傷災害が16件発生しており、すでに前年同期に比べて10件多い状況にある(今年9月末現在)。過去10年間でみても2番目に多いペースという。

2019年12月15日第2344号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ