労供が非正規救う 関連シンポの壇上から 國學院大橋元教授

2012.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 國學院大學経済学部の橋元秀一教授は、労働組合による労働者供給事業(労組労供)が、非正規労働者の低賃金・不安定雇用の問題に一定の役割を果たせるとの考えを述べた。同教授が座長を務める同大「労供研究会」が、2年半の研究成果をまとめたタイミングで開いたシンポジウム(2月23日)壇上からの発言。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月5日第2863号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ