ホテル工事で局長パト 京都労働局

2012.12.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 京都労働局(達谷窟庸野局長)は12月13日、建設現場の歳末労働災害防止パトロールを行った。平成23年から増加に転じている休業4日以上の労災に歯止めをかけるのが狙い。

 パトロールしたのは、積水ハウス㈱が発注、㈱大林組が施工する京都鴨川二条ホテル(仮称)新築工事現場。達谷窟局長は、国土交通省や京都府建設交通部、京都市都市計画局などの関係者とともに安全対策の実施状況をチェックした。

平成24年12月24日第2902号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ