新装開店後に過労死 147時間残業させ送検 精肉チェーン 過重労働対策講じず 四日市労基署

2012.12.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 三重・四日市労働基準監督署(平川和宏署長)は、特別条項付き36協定で定める月90時間の時間外労働の延長限度を超えて労働者を働かせたとして、精肉・和菓子チェーンの㈱柿安本店と同社柿安精肉本店(いずれも三重県桑名市)店長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで津地検四日市支部に書類送検した。労働者が過重労働による心臓疾患で死亡したことを機に捜査している。リニューアルオープンに伴う売上げ増加で急きょ食料品を製造しなければならず、早出出勤や長時間残業が連日連夜に及んでいたという。時間外労働は合計で月147時間に達している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月17日第2901号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ