被災3県で回復 求人倍率1倍に

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の集計によると、東日本大震災被災3県の有効求人倍率が1倍前後に回復してきた。

 岩手県、宮城県、福島県の有効求人倍率は、2年前(震災前)の平成22年9月時点で、いずれも0.45倍前後と低迷していたが、今年4月ごろから1倍前後に上昇している。とくに建設業、卸・小売業で新規求人が好調だが、ミスマッチもみられるとした。

平成24年12月3日第2899号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ