医師面接充実へ専門機関 厚労省が養成事業 中小労働者の健康を増進

2012.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、労働安全衛生法改正などに対応し、メンタルヘルスの相談面接や事業主へ職場改善に向けた意見ができる医療機関を養成する「外部専門機関選任事業」を近くスタートさせる。産業医選任義務のある50人以上事業場の同選任率が75%、精神・神経分野を専門とする嘱託産業医が2%程度に留まっているため、産業保健活動を積極的に実施する意向を持つ医療機関(事業場外組織)を選定・養成し、事業場と連携して労働者の健康増進につなげる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月10日第2888号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ