いじめ相談3割増に 過去5年間で最多件数 大阪府

2012.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪府は、平成23年度の労働相談報告・事例集をまとめた。相談件数は1万2493件と昨年度に比べて5.7%減少しやや落着きを取り戻した。ただ、職場のいじめに関する相談が前年度比3割増の928件に達しており、過去5年間で最も多くなっている。全体に占める割合も5%台から7%台にアップした。

 相談内容をみると、「解雇・退職勧奨」1781件、「労働契約」1269件、「賃金未払」1008件、「職場のいじめ」928件の順に多かった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月27日第2886号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ