印刷産業連合会 健康障害防止で協議会 胆管がん問題に対応 手引作成、講習会実施へ

2012.08.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪の印刷会社での胆管がん発症問題を受けて(社)日本印刷産業連合会(足立直樹会長)は、化学物質による健康障害防止対策を強化するため、学識経験者や印刷業界関係者などで構成する「労働衛生協議会」を設置した。このほど第1回会合を開き、労働衛生法令の順守を促すための企業向けセミナーや、有機溶剤使用時の留意点をまとめた冊子の作成などに取り組むことを決めた。協議会において作業工程ごとの対策を検討し、事業所に周知する方針だ。会員企業への緊急調査では、局所排気装置の設置(実施率29%)などが徹底されていない実態が明らかになっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月6日第2883号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ