“スカウト求人”内定62人に 中小企業へ橋渡し 今年度は6大学が参加 埼玉労働局

2012.05.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉労働局(安藤よし子局長)は、中小企業に未就職学生の個人情報を提供する「学生情報サイト」を通した内定者が今年3月末現在で62人に上っていることを明らかにした。企業の人事担当者による“スカウト求人”方式で、応募学生の3人に1人が内定を決めたことになる。今年度は、埼玉工業大学や東洋大学などの5大学に新たに埼玉大学を加えた6大学体制で臨む方針。今年9~10月を目途に主に中小製造業への就職を希望する学生の個人情報を順次掲載していく予定である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年5月28日第2874号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ