手数料の適正化推進 国家試験で第三者機関 厚労省

2012.03.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、労働安全衛生関連の国家試験手数料の適正化を図るため、外部有識者、労使代表計6人からなる安全衛生関係指定制度運営評価会議をスタートさせた。

 労働安全衛生法に基づく労働安全・衛生コンサルタント、作業環境測定士などの試験を担当する㈶安全衛生技術試験協会における試験手数料が、試験業務、登録業務のコストを適正に反映したものとなっているかを検証する。

 同会議の検討結果によっては、厚労省が手数料の改定、業務改善に向けた指導・是正勧告を行う考えである。現在、同協会の事業計画、収支予算などの提出を受け検討を開始、平成25年12月の手数料改定(施行は26年度)に反映させる意向である。その後も3年ごとに同会議を開催して手数料の適正化を進める。

平成24年3月19日第2865号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ