働きがいをスコア化 定着率、生産性向上へ 労経白書

2019.10.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、「人手不足の下での『働き方』をめぐる課題」をテーマとした令和元年度版「労働経済の分析」(労働経済白書)をまとめた。働きがいの指標として、新たに「ワーク・エンゲイジメント・スコア」の活用を紹介、ポイントが高いほど人材の定着率や企業のパフォーマンスが向上するとしている。

 ワーク・エンゲイジメント・スコアとは、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和元年10月14日第3228号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ