朝型勤務で残業減少 伊藤忠が事例紹介 働き方シンポジウム

2016.10.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱三菱総合研究所(東京都千代田区)は、企業の人事労務担当者などを集めて「働き方・休み方改革シンポジウム」を東京都内で開催した=写真。伊藤忠商事㈱など3社が、先進的な働き方改革の事例を紹介している。

 伊藤忠商事は、「健康憲章」を策定し、健康経営の強化に邁進している。

 とくに、仕事が残っている場合は夜間に残業せず、翌朝に働く「朝型勤務」の推進に力を注ぐ。午前5〜8時に働いた場合、深夜勤務と同様の割増賃金を支給することなどが取組みの柱。制度導入から2年で残業時間が月平均12%減少したという。

関連キーワード:
平成28年10月24日第3085号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ