前野田市長が改正要請促す 建設労組に国の文書

2016.10.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本初の公契約条例を制定した千葉県野田市の根本崇前市長は、全建総連傘下の千葉県部隊による集会で講演し、「関連文書の留意事項改正を国交省に求めよ」と促した。

 毎年度公表される公共工事設計労務単価を知らせる関連文書の一文が賃上げにつながらない根源とみるもので、「労務単価や支払い賃金を拘束しない」とする留意事項を改めさせるべきと話した。

平成28年10月17日第3084号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ