長時間労働の抑制私案公表 労働弁護団幹事長

2016.10.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 政府が課題視する長時間労働抑制について、日本労働弁護団の棗一郎幹事長は、「労働時間管理簿」の作成を全事業者に義務付ける考えを公表、労基法の改正規定を「私案」として発表した。

 万が一労働者が過労で倒れても、労災申請や使用者に対する損害賠償追及を可能とするもので、「事業場ごとに、労働時間管理簿を、各労働者について調製しなければならない」と定めた。

 同管理簿には、始終業時刻や休憩時間、労働時間、また残業時間や休日および深夜に行った労働時間数を記入する。5年間の保存義務を課す。

関連キーワード:
平成28年10月10日第3083号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ