プロ意識持ち熱中症を防止 中災防シンポ

2019.07.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、グランパークカンファレンス(東京都港区)で「熱中症予防対策シンポジウム」を開催した=写真。当日は、医師など専門家によるディスカッションが行われた。

 村山貢司気象予報士が「職場環境を変えても限界がある。働く人の管理はどうしたら良いか」と問題を投げかけた。日本製鉄㈱鹿島製鉄所安全環境防災部安全健康室の田中完産業医は「プロ意識を持つのが大事。たとえば飲酒し過ぎないよう体調管理に配慮する」と回答した。

 会場の参加者からも「現場の指導者が自己判断してしまう」「暑熱の順化について教えてほしい」など質問が相次いだ。

令和元年7月1日第3215号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ