【今週の視点】収入ベースの再雇用制を 不安ない処遇制度へ

2012.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

定年前カーブ修正も視野に

 年金支給開始年齢の引上げに伴い、公的給付を当て込んで年収を確保していた再雇用制度は、見直しを迫られている。対象者にとって月10万円程度の在職老齢年金がなくなる影響は小さくなく、熟練社員にパート並みの収入で働いてもらう事態にもなりかねない。期待に見合う貢献をしてもらうためには、一定レベル以上の収入を確保する道を探りたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月27日第2886号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ