【今週の視点】問われる他者への影響力 変わるボスのあり方

2012.04.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

登用時にプレゼン試験も

 高学歴のホワイトカラーを集め、自律した社員像を期待していく以上は、彼らを率いるボスのあり方も変わらざるを得ない。上意下達の役割を果たす中間管理職は必要とされず、他者から広い支持を得られる人材が求められるなか、選任に当たってプレゼン能力を問う事例も増えている。簡潔にビジョンを示し、理解と納得を得られる技術が期待されている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月16日第2869号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ