キャリア形成支援 非正規労働者へ集合研修を実施 川相商事

2016.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 製造、物流系の総合人材サービス業の川相商事㈱(大阪府門真市、川相政幸代表取締役、330人)では、今年8月から派遣、請負として働く有期雇用労働者を対象とした集合研修をスタートした=写真。昨年9月に改正された労働者派遣法に基づくキャリアップ教育の一環だ。

 研修は1回8時間で、技術系(ねじ・工具・IEの基礎、安全衛生など)と、働き方(健康、生活管理など)の2科目を学ぶ。

 11月にかけ同じ内容の研修を断続的に開き、多くの労働者が受講できるようにする。参加できなかった労働者向けに、Eラーニングによる受講環境も整える方針。

 同社では、有期雇用労働者の無期雇用化に以前から尽力しており、レベルの高い様ざまな研修活動を行っている。今回の集合研修は、上位研修の入口と位置付けており、正社員へのステップアップにつながるとした。

平成28年9月12日第3080号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ