【特集2】危険作業の回避へ 経産省がドローン活用事例 プラント点検で有効 パトの負担軽減にも

2019.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 石油コンビナート等災害防止3省連絡会議(経済産業省、総務省消防庁、厚生労働省)は、「プラントにおけるドローン活用事例集」を発表した。実証実験によりドローンの空撮による原油タンクの点検の有効性を示すとともに、国内企業8社の活用事例を写真入りで紹介している。高所作業などの危険作業を回避できるほか、パトロール業務の負担削減にもなるという。

ほぼすべての浮屋根を確認

 現在、石油精製、石油化学を含む化学工業などのプラントでは、設備の高経年化やベテラン従業員の引退などによる保安力の低下が大きな課題となっている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ