発注者の責務明確化 アニメ制作日程管理で 下請指針改正案

2019.05.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 発注者の責務を明確化――経済産業省は、アニメーション制作業界における下請適正取引推進ガイドラインの改訂案を明らかにした。同業界の課題の一つであるスケジュール管理の改善に向けて、発注者である製作委員会や元請製作会社の責務を明記した。

 ガイドラインは、多くの企業・アニメーターが関与する多重構造となっている同業界での下請法遵守を徹底するため、見積り・発注段階や受領段階など取引段階別に、下請法や下請中小企業振興法に基づく留意事項を整理したもの。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月20日第3209号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ