荷主へ専門家が助言 荷役作業の労災防止で 陸災防

2019.05.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 陸上貨物運送事業労働災害防止協会は、陸運業における労働災害の7割を占める荷役災害を防止するため、複数の拠点を持つ荷主などを対象に専門家を派遣し、アドバイスや指導を行う方針を固めた。荷役作業の安全対策ガイドラインに示されている荷主などの実施事項を確認する。荷主の設備などの問題点を解消し、荷役災害の防止を進める狙いで、「発荷主より着荷主のほうを重視したい」(陸災防)としている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ