ストレス検査実施は1割 期限ぎりぎりで実施か 宮崎労働局調べ

2016.09.06 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ストレスチェックの実施率が現時点で1割強にとどまる――宮崎労働局(元木賀子局長)の調べで分かったもので、今年11月末までに第1回目のストレスチェック実施が必要なことから、8月下旬以降に研修会や個別指導などで早期実施を呼び掛ける方針だ。

 調査対象は、同県内の規模50~99人の574事業場で、510事業場の有効回答を集計している。

 ストレスチェックの実施状況を聞くと、「実施済みまたは実施中」が12.9%、「実施予定あり」が83.9%となった。「実施予定あり」の事業場に実施時期を尋ねると、「9月末まで」は27.8%で、実施期限直前の「11月末まで」は62.9%に上った。

平成28年9月1日第2265号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ