社労士と県が災害時協定締結 雇用保険や年金手続きで 福島

2016.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福島県社会保険労務士会(金子昌明会長)と福島県は、大規模災害時の連携協定を締結した=写真

 同社労士会は、地震や原子力災害など大規模な災害が発生した際、同県の要請を受けて相談員を派遣する。健康保険証の再発行、雇用保険や遺族・障害年金の手続きなどの相談支援を無料で実施するとした。

 協定の締結は、同社労士会が提案。これまでも東日本大震災以降、同県内の避難所などで自主的に無料相談会などを行っていた。災害時対応の迅速化を図るため、締結したもの。

平成28年9月5日第3079号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ