解雇と雇止め無効に 障害者支援施設に判決 東京地裁

2016.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 障害者自立支援施設のNPO法人せたがや白梅(小寺厚宏理事長)が有期契約労働者に対して行った懲戒解雇などを不当と訴えた裁判で、東京地方裁判所(湯川克彦裁判官)は、原告の訴えを認める判決を下した。

 原告は、平成22年に有期労働契約を締結、支援員補助などを行う事務員として働いていた。25年3月までに5回契約を更新し、26年3月にも更新を行った。その際、労働契約に更新限度を5回とする規定が追加された。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年9月5日第3079号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ