7年連続引上げ 過去最高水準に 設計労務単価

2019.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省は今年3月から適用する公共工事設計労務単価を、公表を開始した平成9年度以降の最高額に引き上げた。引上げは25年度の改定から7年連続。

 引上げ幅は、全国全職種単純平均で対前年度比3.3%、全国全職種加重平均で同4.1%。全国全職種加重平均値は1万9392円となった。

平成31年3月11日第3200号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ