無意識の思込み解消 多様化推進でセミナー 食品関係6社共同

2019.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 サッポロホールディングス㈱など食品関係6社は、ダイバーシティ推進に向けたフォーラム「SPIRAL UP!」を東京都内で開催した=写真。各社の経営者や、様ざまな部門の管理職の合計700人が参加している。

 サッポロHD以外にフォーラムに参画したのは、㈱ニチレイフーズ、㈱日清製粉グループ本社、森永製菓㈱、森永乳業㈱、㈱ロッテ。

 フォーラムでは、性や働き方に関する無意識の思込み(アンコンシャスバイアス)の解消を狙い、「男性学」を研究する大正大学の田中俊之准教授などに講演を依頼。会社が今日まで作り上げてきた管理職の多くが、男性であることが一因とみるためだ。

 6社は以前から、女性活躍などに関する共同セミナーを行っていた。

平成31年3月4日第3199号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ