【特集1】移動現場事務所が道路上の救命役に AED常備し非常事態に備える 上級救命技能を全社員取得/開発機工

2019.02.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 仕事場でもし万が一のことがあったとき、救急車が到着するまでの応急措置が生死を分ける。土木工事・水道工事などを専門に行う㈱開発機工(東京・町田市)では、社員全員が上級救命技能の認定を受け、現場周辺で起こる不測の事態に対して万全の体制を整えている。AEDや担架、エアコンなどを搭載した「移動現場事務所」は、現場の働く環境を向上させるとともに、いざというときの救命に貢献する。

「AED設置」の看板に安心感

 開発機工の施工する現場を訪れると、「AED設置しています」「上級救命技能認定」の立て看板と車体に「移動式現場事務所」と書かれたトラックの姿がまず目に留まる。立て看板には、「当作業所の職員は、心肺蘇生法・AEDの適正操作手順・止血・搬送など突然の災難に見舞われた『人命を救助』するために必要な知識を持っています」とある。

 同社の篠田俊代表取締役に話を聞くと、AED(自動体外式除細動器)は現場に必ず設置しているものだという。2年ほど前から社員に上級救命講習を受講させ、15人の社員全員が上級救命技能認定を取得した。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月1日第2325号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ