【特集1】3D図面で解体手順を指示 重機との接触災害防止へ対策徹底 作業員に「見える安心」届ける ツバサ建業

2017.10.16 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 解体工事会社のツバサ建業(大阪・西淀川区)は、3D図面による解体手順書を作成して作業員や関係者に周知している。重機が作業する場所や足場の設置状況、粉じん飛散防止などの対策を説明するとともに、現場で危険予知を行いながら進捗状況に応じた安全対策を講じていく。重機周辺の立入禁止範囲や高所作業の場所などが平面図よりもイメージしやすく、「見える安心」につながっている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月15日 第2292号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ