連合 ベルコの偽装委託と対決 法人格乱用許さぬ 法廷・労委で活動支援  

2016.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 冠婚葬祭業大手ベルコ㈱の偽装業務委託契約・法人格乱用行為を許すわけにはいかない―連合は8月1日、北海道で勃発した闘争を全面的に支援するシンポジウムを東京本部で開いた。本社は支社と委託契約を結び、支社と契約関係のない代理店とも委託契約を締結。代理店とそこで働く労働者は雇用関係にあるが、賃金は本部が直接労働者に振り込む形態。ユニオン結成を期に職場を奪われた労働者2人の雇用責任がベルコ本体にあるとの主張を通すための闘争が、法廷と労働委員会で繰り広げられている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年8月15日第3077号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ