【今週の視点】「ILO報告書」一読のススメ 「輝かしい未来と仕事」

2019.02.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

“人間主導”を促す 手を拱いたら未来なし

 急速なデジタル革新で「働く」という基本的営みが揺らぎ始めたなか、ILOがまとめた報告書の一読をお薦めしたい。機械に仕事を奪われるとする「警世の書」ではなく、むしろ現状は好機で、チャンスであるという認識を促す内容だ。何も手を打たなければ過酷な未来が用意されるとみるが、人間主導の技術利用などを通じて、より良い未来につながるとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月25日第3198号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ