働き方改革を実感せず7割 能率協会調べ

2019.02.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 働き方改革を実感できない最大の理由は、ムダな業務・会議が減らないから――日本能率協会が、労働者1000人から回答を得た調査で、こんな実態が浮き彫りになった。調査は昨秋、ネット上で実施したもの。

 「働き方改革を実感しているか」の問いに対して、「実感していない」との回答が68.8%を占めた。その理由を聞くと、「ムダな業務・会議が減らない」(29.2%)が最多で、「正社員と非正規社員の給料の格差がなくならない」(22.7%)が続いた。

平成31年2月25日第3198号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ