外国人運転者を活用 在留資格与え物流改革 同友会提言

2019.02.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 外国人のトラックドライバーに在留資格付与を――経済同友会は、「経済成長と競争力強化に資する物流改革」と題する提言をまとめた。運送業の深刻な人手不足に対処するため、トラックドライバーを対象とした在留資格を外国人に与えるよう訴えている。

 提言によると、トラックドライバー職種は、高度な運転技術と知識を必要とし、大型自動車免許やけん引免許などの有資格者でなければ就業できないことから、単純労働ではなく技能労働に該当すると指摘。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月25日第3198号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ