現地はすでに人材獲得戦が 埼玉・技能実習研修

2019.02.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  埼玉県は外国人技能実習制度活用セミナーを開催し(写真)、社会福祉法人城南会の松平一貴氏が、4人の実習生を受け入れた体験を語った。

 同法人は経営層の「海外人材が不可欠」との認識から、2017年の夏頃からモンゴルの日本語学校と協議を始めた。18年1月と3月には現地に赴き、面接を実施。今年1月に4人のモンゴル人実習生が来日した。

 松平氏は「現地ではすでに人材獲得戦が繰り広げられている。賃金だけをみられると東京に行ってしまう。埼玉に来てもらうためには家賃や物価、住みやすさなどをアピールする必要がある」と強調した。

平成31年2月18日第3197号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ