【特集1】職場に潜む危険 「見える化委員会」が発見! 過去の教訓を設備に掲示 手順示して誤操作防ぐ/エア・ウォーター ケミカル部門 鹿島工場

2016.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 エア・ウォーター㈱のケミカル部門鹿島工場(茨城・鹿嶋市)は、「見える化委員会」と題した安全活動で職場に潜む危険を見える化し、労働災害を未然に防ぐための対策を講じている。工場内の各職場から選出した委員が中心となって活動を行い、事業場内の至るところに、ケガへの注意や過去の災害事例からの教訓を掲示。さらに、緊急処置手順や使用方法を記すことで誤操作を防ぐ。ベテラン社員と若手社員が入り交じった委員会は、知識や技能を伝承する場としても一役買っている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月15日第2264号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ