産業医への相談方法を周知して 民間・セミナー

2019.01.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 産業医支援事業を行う㈱エムステージ(東京都品川区、杉田雄二代表取締役社長)は、人事労務担当者などに対し、産業医の機能強化に関するセミナーを開催した(写真)。

 産業医科大学産業衛生教授の浜口伝博氏が解説。労働安全衛生法の改正で、事業主は、労働者に対し、産業医の業務内容、来社時期、相談の申出方法などを周知しなければならなくなった。「具体的な課題を産業医に伝え、健康リスクの高い労働者を見逃さない相談体制を構築する必要がある」と話した。

ジャンル:
平成31年1月14日第3192号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ