荷役作業で災害急増 ヘルメット着用を 愛媛・新居浜労基署

2019.01.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 愛媛・新居浜労働基準監督署は、荷役作業で重篤な災害が急増していることから、作業中の墜落・転落や荷物との接触に対する注意を呼びかけている。昨年10、11月に運送業で続けて起こった重篤な労働災害は、被災者がヘルメット未着用で荷台から転落して頭部を打っている。いずれもあご紐を締めていなかった。新居浜労基署では、必ず墜落時保護用のヘルメットを確実に着用するよう求めている。

web限定 掲載

あわせて読みたい

ページトップ