【速報】高度プロフェッショナル制度の詳細固まる

2018.12.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

高度プロフェッショナル制度の対象労働者や導入手続きなどの詳細が固まった。

厚生労働省が諮問した「労働基準法施行規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」と、高プロ対象者の適正な労働条件の確保を図るための指針案について、労働政策審議会が「おおむね妥当」と答申した。厚労省は、速やかに省令・指針制定に向けた作業を進めるとしている。

省令案要綱では、高プロの対象を金融商品の開発業務など5業務とし、年収要件は1,075万円とした。

(省令案要綱)
https://www.mhlw.go.jp/content/12602000/000464768.pdf
(指針案)
https://www.mhlw.go.jp/content/12602000/000464770.pdf

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ