経営の「未病」を診断 早期発見・解決めざす 神奈川県

2018.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川県は、企業が経営上の課題を早期に発見し解決できるよう、「企業経営の未病CHECKシート」を作成した。

 企業経営の未病とは、経営が健全なときと不振に陥った状態を明確に区別できないという認識の下、その連続する中間を指している。どの状態にあっても、健全なときに近付けることをめざす。

 経営状態を確認できる内容は、先行き、従業員、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年12月24日第3190号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ