格差容認? JAM東京千葉

2018.12.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 機械金属系ものづくり中小が主体の産別労組・JAMの東京千葉組織が組合員に聞いた調査によると、春闘に期待する賃上げ要求時に最も重視するのは、「物価上昇分や税・社会保険料負担増を補うこと」が男女とも5~6割で最多だった。

 一方、男性に限ると、今春闘の最大焦点「格差是正」は既婚・独身とも5%に満たず、格差への不満は少ないともとれる結果になっている。

平成30年12月24日第3190号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ