3割が分割取得OK 介護休業制度を調査 東京経営者協会

2016.07.20 【労働新聞】

 東京経営者協会(鵜浦博夫会長)は、来年1月施行の改正育児介護休業法への対応に関する調査結果をまとめた。3割の企業が、介護休業を分割取得できる制度をすでに導入している。

 調査は、改正法に盛り込まれた介護休業の分割取得の取組み状況などを尋ねたもの。今年6月に実施し、93社の回答を集計した。半数近くが従業員数1000人以上企業。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年7月18日第3073号2面

あわせて読みたい

ページトップ