大学・企業が採用情報交換 東京経営者協会

2019.02.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京経営者協会(冨田哲郎会長)は1月22日、「就職・採用担当者のための産学交流会」を日本工業倶楽部会館(東京都千代田区)で開いた=写真。関東地方を中心に企業63社、大学26校の担当者が集まった。

 2020年卒業予定者の採用広報活動の解禁を控え、参加者は大学の特色や企業の事業概要、両立支援制度、企業が求める人材像といった情報を交換した。21年以降の人材確保につなげるため、新3年生などを対象としたインターンシップの実施情報を大学側に伝える企業担当者の姿もあった。

平成31年2月4日第3195号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ