【フォーカス】東京スター銀行/新人の育成 被災地や寺院で体験型学習

2018.11.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

認知症の理解促進も 自立と自律備えた人材へ

被災地の大槌町でリーダーとは何かを学ぶ

 ㈱東京スター銀行(東京都港区、佐藤誠治代表執行役頭取CEO、正行員=1708人)は新入行員の人材育成の一環として、入行1年目に「アクションラーニング(体験型学習)」を実施している。河川清掃から始まり寺院や自衛隊などでの合宿、高齢者や障害者の支援、震災被災地での現地リーダーとの語らい、認知症などの理解を深める試みなど、様ざまな社会問題を取り上げる。業務に限定しない課外活動を通じ、自ら考え行動する「自立と自律を備えた人材」の育成をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月19日第3185号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ