複数銘柄効力停止へ 大阪、沖縄、兵庫など 「特定最賃」来年にも

2018.11.05 【労働新聞】

 年内に発効される2018年度の「特定最低賃金」が全国各地で決定し出したなか、来年にも地域別最低賃金の水準に追い越されそうな特定最賃銘柄が複数に上っていることが分かった。

 10月18日現在の決定状況をみると、仮に、今年同様の水準で来年の地域別最賃が引き上がるとした場合、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成30年11月5日第3183号4面

あわせて読みたい

ページトップ