味の素が働き方改革で事例発表 福岡県

2018.10.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 福岡県は、「働き方改革推進大会」を開催し、好事例の紹介と優れた取組みを実施している企業の表彰を行った=写真

 基調講演では、味の素㈱の藤江太郎常務執行役員が、「どこでもオフィス」と称するテレワークの取組みを紹介した。昨年から全社員を対象に実施しているが、今年はルールを緩和、従来利用回数の上限を週2回(月4回)までとしていたところ、週1回の出社を義務付けるのみとした。さらに、前日までの利用申請を認め、事後報告を不要と変更している。管理職には週1回の実施を義務付けたり、台風や大雪などの天候リスク時に取得促進メールを発信したりして利用機運を高めた。

 優れた取組みをした企業表彰では、製造業の二瀬窯業㈱など4社と1団体が、「よか・ろう・もん表彰(雇用管理改善企業・職場表彰)」を受賞した。

平成30年10月8日第3179号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ